Loading...

フリーダムデザイン

MENU

BLOG

『近代ビジネスに掲載されました』

2014.10.26

小池 康也

Yasunari Koike

先日、投資を頂いております「盛岡起業ファンド」の投資先企業として、
金融機関向けの業界誌「近代ビジネス」11/1号に掲載を頂きました

こちらが表紙で、

こちらが掲載ページ

盛岡信用金庫 浅沼専務理事とご一緒に取材を受けました

途中ずっと、全国でも大変珍しい「起業ファンド」の誕生ストーリーを伺って、感激しました。

というのも、ファンドって皆さん、印象はいかがでしょうか?

ファンドと言えば、会社を切り売りして、収益を上げるアメリカ式の「ハゲタカ・ファンド」が、イメージではないでしょうか?

実は、起業したての会社へファンドが投資するといことは、通常では考えられないことです。

起業した会社の残存率は、10年後には10%と言われています。

つまり、大変リスクの高いわけです。

新規事業者は、金融機関からの資金を調達するのも、このリスクの高さから大変難しい、と言われています。しかし、本当に資金の必要な企業は、生れたてで、実績の少ない会社です。

この矛盾するロジックは、金融機関も、起業家も十分に理解している課題だったのです。

また起業家にとって、本当に必要なことは「経営とブランディング」「ユーザーに提供できる付加価値の付け方」「創業期に起きる数々の問題の解決方法」「経営と家族関係」・・・etcと感じています。

この様な悩みに、責任のないコンサルティングではなく、出資者となってステークホルダーとして問題を共有し、ともに問題解決に向かうのが、この起業ファンドの最大の特徴だと感じています。

これらの問題をすべてクリアーにする新しい提案として、市町村まで巻き込んでスキームを作ったのが「盛岡起業ファンド」なのです。(滝沢市・盛岡市・矢巾町・紫波町が出資しています)

ファンド的にも、この起業という分野で投資をして、収益を上げるのは、大変難しい。

一般的な企業向けファンドは、株式公開(IPO)が目標であり、そこまでいかないと収益性が取れないのですが、今回の起業ファンドはIPOをゴールにしない、というのが前提条件です。

この運営をしてくれているのが、京都市本社の上場企業フューチャーベンチャーキャピタル様(以下FVC様)です。

ちなみに、
FVC様の過去の投資先企業様をご紹介すると、
県内で数少ない株式公開されたワイズマン様、

全国展開されている古着のドンドンウエンズデイ様、
県内最大ビルダーであるシリウス様、・・etcなどの
有名かつ、大躍進されている企業様ばかりです。

元々課題だったことを克服するスキームづくりは、大変な努力だったと思います。
どんなプロジェクトにも、「そこには、人がいる」というより、「困難を切りぬける胆力のあるサムライがいる」と、常日頃感じているのですが、

この盛岡起業ファンドでは、先ほどの浅沼専務がプロジェクトリーダーであり、ものすごい情熱をお持ちになった方です。

以前にも、エントリーしましたがサラリーマンは「失点しないゲーム」を求められます。

しかし、そこのリスクを引き受けてしか、出来ないこともあります。
その壁を越えるのは、情熱をエンジンにするしかないと思います。

だからこそ、
こちらの盛岡起業ファンドは、業界で評価され、数々の受賞をしておられて、今回の取材に至ったとのこと。

フリーダムデザインも、皆さんのロールモデルになれるように、しっかりと努力していきたいと思います。

小池 康也

Yasunari Koike

趣味:

読書、お酒とおつまみ作り、自己啓発マニア

CONTACT US

フリーダムデザインの家づくりに興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

営業時間:9:00 - 18:00
定休日:毎週水曜日 / 第2・4火曜日 / 第1日曜日 / 祝祭日