Loading...

フリーダムデザイン

MENU

BLOG

『 最後の授業 』

2008.08.19

小池 康也

Yasunari Koike

最近なぜか『 時間 』に関する本を読むことが多かった。

その中の一冊です。


             『 最後の授業 』 ランディ・パウシュ 著

カーネギーメロン大学教授である筆者ランディ・パウシュが、

余命半年と宣告されながら行った『最後の授業』の内容です。

夢の実現には、

「夢を叶える道のりに障害が立ちはだかったとき、

僕はいつも自分にこう言い聞かせてきた。

レンガの壁は、僕の行く手を阻むためにあるんじゃない。

その壁の向こうにある何かを自分がどれほど真剣に望んでいるか、

証明するチャンスを与えているんだ」とランディは話します。

この授業は、幼い3人の子供たちへのメッセージなのだと語ります。

「学術的な講義をするふりをしながら、自分という人間を空き瓶に詰め込み、

海辺に流れ着いたその瓶を子供たちが拾う日のことを考えていた。

僕が画家だったら、子供たちのために絵を描くだろう。

ミュージシャンだったら曲を作る。

でも、僕は教師だ。

だから講義をした。」

この本を読んだとき、

「自分は何をして、子供たちに何を残せるだろう」と考えてしまいました。

みなさんは、どの様に感じられますか?

小池 康也

Yasunari Koike

趣味:

読書、お酒とおつまみ作り、自己啓発マニア

CONTACT US

フリーダムデザインの家づくりに興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

営業時間:9:00 - 18:00
定休日:毎週水曜日 / 第2・4火曜日 / 第1日曜日 / 祝祭日