Loading...

フリーダムデザイン

MENU

BLOG

『 お金の話① 』

2009.10.04

小池 康也

Yasunari Koike

「住宅を建てる」という仕事に携わっていると、”お金”はきっても切れない要因。
「お金の稼ぐ、使う、貯める、活かす」は、各世代に考え方も、随分ちがう、印象です。

わたくし自身、お金との付き合い方は、上手ではありません。

毎日付き合っている”お金”ですが、
学校でも、家庭でも教育を受けたこともなく、
もっとも『勉強が必要な分野』と、考えています。

そこで、『お金の話』の本を読むようになったのですが、
これが、読めば読むほどおもしろい!

そもそも、”お金の知識”がありませんから、
はじめて算数を学習した子供のような新鮮さ、を感じます。

その驚きを皆さんに少しだけご紹介したい、と思います。

まずは、”目からうろこ”だった一冊。


『 図解!会社にお金が残らない本当の理由 』
岡本史郎 著(サンマーク出版)

税理士&コンサルタントでもある
岡本史郎さんの大ベストセラー。

岡本さんは、
もともとマーケティングのカリスマ 神田昌典さんと
初期の頃から、組んでおられた神田組の方。

内容も素晴らしく、
ぐいぐいと引き込まれるように読める、一冊。

内容としては、
「ビジネス環境を支配する”7つのシステム”」

「お金を残すための”4つの数字”」

「ビジネス万有引力の法則」

などなど・・、内容はもちろん、
題名を見るだけで、スグに読みたくなります。

その中でも、今回は家計に直結する『1・3・5の法則』について、です。

「なぜかは分かりませんが、
この世には”1・3・5の法則”というのがあります。

たとえば、貯金。
最初の100万円の貯金は大変です。

でも、100万円貯まると
なぜか次の300万円はスグに貯まってしまいます。

そして、次は500万円まで
貯めるのも比較的楽に行きます。

 また、この1・3・5の踊り場では、
なぜかお金が外に出て行きたがる傾向があります。

しかし、そこでお金が出て行けば元の木阿弥。
また1からのスタートになってしまいます。

と言っても、
この踊り場では単に踏ん張るだけでも上手くいかないのです。
そこで、こういった踊り場では、
出て行くお金に逆らわずに、

その支出をうまくコントロールしてやる必要があります。
一言でコントロールと言っても難しいいのですが、
出て行くお金は止めようとすると
逆に多く出て行くものです。

ですから、決して出金を全部止めるという方向で考えずに
その出金が最初の支出で済むようにうまく調整するようにします。

これは経験則で論理的ではありませんが、
頭のどこかに置いておくと役立つときがあると思います。

         (中略)

なぜ、お金にこのような性質があるのかは本当に不思議です。
企業の売上規模も10億、30億、50億と、
同じような動きをします。」 とのこと。

よく、「お金は、大変寂しがりや。
だから、お金がたくさんある場所に集っていく」とか、

「お金は集るとパワーを持ち始める」とか
、ちょっとスピリチュアルな内容を聞きます。

「知っていそうで、知らない”お金”のこと」
もっと、知りたい、と思います。

           みなさんは、どのように感じられますか?
           

小池 康也

Yasunari Koike

趣味:

読書、お酒とおつまみ作り、自己啓発マニア

CONTACT US

フリーダムデザインの家づくりに興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

営業時間:9:00 - 18:00
定休日:毎週水曜日 / 第2・4火曜日 / 第1日曜日 / 祝祭日