Loading...

フリーダムデザイン

MENU

BLOG

『 どうしたら、もっと楽しく生きれるのだろうか 』

2008.02.18

小池 康也

Yasunari Koike

兵庫県西宮から無添加住宅開発者 秋田憲司氏を迎えて

『”外観デザインの秘密”を学べ!』と題して

住まい・デザインの勉強会を開催しました。

今回は、参加者の方を限定した勉強会でしたが、

私共の予想以上のご参加がありました。

ご来場頂いた皆さん、誠にありがとうございました。

勉強会では、外観のデザインはもちろん、

「高くない素材でもカッコよく見える工夫」や

「海外で見つけたアイディアを自分でアレンジ」などの

エピソードを紹介していただきました。

それにしても、

講師の秋田憲司社長のお話は”いつ聞いても楽しい!”

お話を聞くたびに、

「秋田社長って、色々なことを楽しんでいらっしゃるなぁ」と

つくづく感心させられます。

きっと新しいアイディアがひらめくたびに、

「そんなことをしたら、不具合出るかもしれませんよ~」

と周りのスタッフの心配そうな声が聞こえてきそうですが、

「そしたら、直したらええねん!」と

秋田社長のニコニコ顔も目に浮かんできます。

そうでなければ、『有害化学物質を一切使用しない住宅』なんて、

開発できるはずがありません。

その、”チャレンジ・スピリッツ”や”独創性”は、

まさに、『右脳型思考』でいらっしゃるなぁ、と感じます。

最近は、茂木健一郎さんなど何かと『脳科学』が流行ですが、

人間は大きく”右脳型”と”左脳型”の2種類に分類できるのだそうです。

■左脳人間
・過去のデータを重視するような人間

・独創性に乏しく、旧来の発想から脱することは少ない

■右脳人間
・ひらめきがどんどん湧くような人間

・過去にとらわれず、先進的な物事に挑戦する。

左脳人間と右脳人間の長所を併せ持った「左脳右脳統合人間」もいて、

時と場合により、左脳人間になったり右脳人間になったりするのだそうです。

ウエストン・H・エイゴーによれば、右脳型思考の特徴として

・可能性を感じ取る

・先見性がある

・新しい考えを思いつく

・不可能に挑戦する

・創意工夫を施す

・予測不能の状況にも対応できる    ・・・・と紹介しています。

右脳も左脳もどちらかに片寄るのではなく、

バランスよく付き合いたいものです。

みなさんは、「右脳型」or「左脳型」どちらですか?

(診断ご希望の方は、こちら。私は80点でした)

小池 康也

Yasunari Koike

趣味:

読書、お酒とおつまみ作り、自己啓発マニア

CONTACT US

フリーダムデザインの家づくりに興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

営業時間:9:00 - 18:00
定休日:毎週水曜日 / 第2・4火曜日 / 第1日曜日 / 祝祭日