Loading...

フリーダムデザイン

MENU

BLOG

『 二人の息子を送り出した日 』

2015.03.31

小池 康也

Yasunari Koike

春は出会いと別れの季節と言います。

今日は、私にとって特別な日でした。

まずは、フリーダムデザインとして初めてのモデルハウスを、ずっと1年半のあいだ待っていて下さったS様へお引渡しを行ってまいりました。

「いつかは自前でモデルハウスを持ちたい」は、起業前から考えていた夢でした。

しかし、当時の自分にとっては途方もない巨大な夢で、資産も実績もない自分のことを考えると、理屈で考えれば考えるほど、実現は到底出来ないと思われる壁でした

それでも、商売を始めて間もない自分なのに、夢を語り続けると、たくさんの方が助けてくれて、信じられないことに資金のめどが出来て、モデルハウスのプロジェクトを始めることが出来ました。

当時は、震災直後ということもあって、職人さんも本当に忙しくて、みなさん新規の仕事は受けることが出来ないのが、業界の流れでした。

新参の我々の仕事をしてもらえるか、本当に心配で、基礎やさんの現場に毎日お菓子とジュースを持参して、頼み込んで雪の降る年末12月30日に基礎を打ってもらいました。
その後も、大工さん、左官屋さん、タイルやさん、その他の方もたくさん気持ちだけでぶつかっていくと、本当に忙しいのに気持ちよく手を差し伸べてくれて、モデルハウスが完成しました。

毎日が、本当に心配で、どきどきしながら現場に通って完成した建物は、自分の息子の様な存在でした。

皆さんの見学の際のご好評の声も、本当にうれしかったです。

完成して間もなく見学して下さったSさまご家族は、すぐにご入居されたいお気持ちを押して、私どもに1年半貸して頂くことをご了解下さって、今日その日を迎えました。

モデルハウスがS様に巣立っていくのが、感謝とさみしさと、Sさまの下で頑張っていくのが何とも言えない気持ちになって、

S様に感謝の気持ちをお伝えしているうちに、胸が詰まって言葉が出ませんでした。

もう一つ、今日は長男が大学進学で盛岡を出発する日でした。

私自身、18歳で故郷新潟を出発してから、地元に帰ることはありませんでしたので、息子も新しい道へ踏み出していく姿をさみしくも、心から応援してやりたい気持ちで、今日を迎えました

なかなか子供に恵まれず、ようやく授かった長男とは、特別な想いをもって今まで生活をしてきたように思います。

今日3月31日は、二人の息子がそれぞれに歩みだす私にとっておめでたい記念日になりました。

いずれも、微力ではありますが、できる限りの愛情は傾けたつもりです。
考えていると胸が苦しくなりますが、明日からまた新しい季節に向かって頑張ります。

みなさん、本当にありがとうございました

小池 康也

Yasunari Koike

趣味:

読書、お酒とおつまみ作り、自己啓発マニア

CONTACT US

フリーダムデザインの家づくりに興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

営業時間:9:00 - 18:00
定休日:毎週水曜日 / 第2・4火曜日 / 第1日曜日 / 祝祭日