Loading...

フリーダムデザイン

MENU

BLOG

『 何を期待され、何を行動するのか 』

2007.10.24

小池 康也

Yasunari Koike

お久しぶりです。

最近、お気に入りブログが、
ある日突然閉鎖(更新されない)されることが多く、
「なぜかな!?」と想っていました。

ほぼ日刊イトイ新聞」で知られる糸井重里さんは、
ブログは一年で死ぬ」と予言!

ブロガーとしても有名なサイバーエージェント 藤田晋社長が
ブログって、頭の中がガラス張り」と書かれていましたが、

「頭がクリアーでないと、
自分自身(ブログ)に向かい合うことが出来ない」と,感じます。

さて、私もリズムを替えて記事を書きます!

困ったときは、本の紹介。
両極にあるような2冊の本です。

    『 女性はなぜ買い物に時間がかかるのか? 』織田隼人著(PHP研究所)

先日、休みに読んだ一冊。
「男女心理とマーケティング理論」が語られています。

「女性の話は、なぜくどいのか?」
「ネオン街が好きなのは、男のサガ」
「”クーポンは家にあるから!”で押し通せるか?」
「結論から話すのは、男の常識。女の非常識。」
「男の脳は図書館、女の脳はインターネット」
・・・などなど

なるほど!と気付かされることが満載
マーケティングはもちろん、家庭やビジネス環境も向上するはず。

『まったく女(男)ってやつは・・・』と思ったことのある方は、
読んでお互いを理解するきっかけ、としてください。

    『巨象も踊る』 ルイス・ガースナー(日本経済新聞社)

読んだ方も多いと思います。
あまりにも、たくさんの方が”良書”として推薦されている一冊。

内容は、
マッキンゼー、アメリカン・エキスプレス、RJRナビスコCEOを経て、
瀕死の状態にあった巨大企業、IBMを救った辣腕経営者、ルイス・ガースナーの自叙伝。

特に、頭に残った言葉が、

   「経営哲学と経営手法」

 ・手続きでなく、原則で管理する。
 ・やるべき事を決めるのは、全て市場である。

 ・品質、競争戦略、計画、ボーナス、チームワーク、倫理的な責任の重要性を確信している。
 ・問題を解決し、同僚を助けるために働く人材を求めている。

 ・私は、戦略の策定に全力を尽くす。実行は経営幹部の仕事だ。
  悪いニュースは隠さないように。私に処理を委ねず、横の連絡によって解決して欲しい。

 ・早く動く。間違えた場合でも、行動を起すのが速過ぎたためなら、まだ良い。

 ・私は技術を完全に理解したわけではない。
  技術を学ぶ必要はあるが、完全に理解するとは期待しないように。
  部門責任者は、技術の言葉をビジネスの言葉に翻訳するのが役割だ。
                         (IBM CEO就任会見の会議で提示)


毎日のビジネス・シーンで、私たちが
「何を期待されて」「何を行動するのか」を気付かせてくれる言葉
、と感じます。

           皆さんは、どの様に感じられますか?

小池 康也

Yasunari Koike

趣味:

読書、お酒とおつまみ作り、自己啓発マニア

CONTACT US

フリーダムデザインの家づくりに興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

営業時間:9:00 - 18:00
定休日:毎週水曜日 / 第2・4火曜日 / 第1日曜日 / 祝祭日