Loading...

フリーダムデザイン

MENU

BLOG

『 ”イマドキ” 子育て住宅 』

2008.06.19

小池 康也

Yasunari Koike

家を建てる理由は、たくさんあります。

団塊ジュニア世代と呼ばれる方々は、

「子供のために建てる家」と考える方が多い、と感じます。

でも「どんな間取りがご希望ですか・・?」と尋ねられると、

子ども部屋は2つ。それぞれベットと机が置ける広さで・・」と、

どうしても今までの既成概念でプランする傾向があります。

それでは、「実際の子ども部屋の使われ方」&「子供のキモチ」は、

どうなのでしょうか?

ちょっと、興味深い調査結果を目にしました。

2007年に旭化成ホームズが首都圏の入居者を対象に

『子ども部屋』についてアンケートを実施したところ、

小学生の85%はダイニングテーブルで勉強している!

意外だったのは、小学生だけでなく中学・高校生もLDでの勉強する人も多いこと。

それどころか、お父さんも家での仕事は、LDでやる家庭が多い。

『お母さんは、家族の太陽なんだ』って、ことですね。

(旭化成ホームズが首都圏の入居者を対象に調査)

この結果を考える限り、結局は、『子供部屋では勉強しない』ってことですね。

実際の家作りでも、「子供部屋は加速度的に狭くなっている」と感じます。

では、『そもそも、子ども部屋って必要なの・・?』が、今回の建物のテーマ。

そんな『イマドキ子育て住宅』を実感できるお住まいが完成します。

来週末からの展示予定ですが、一足先にご紹介いたします。

外観は、まだ途中ですがこんな感じです。

玄関廻りのジュラシック・ウッド・ストーン(木の化石)が一段と目を引きます。

現在の内部の様子です。

我が社の菊池大工が入念に、無垢材で階段手すりを製作中。

オープンキッチンの「お母さんを、子供たちが感じられるように」との仕掛けです。

こんな感じになります。

2階には大きなロフトが用意されています。

勾配天井で高い空間がキモチ良いです。

トイレには、消臭効果もあるサンゴの化石=コーラル・ストーンが貼られています。

無添加住宅の空間は、写真ではなかなか伝わらないところがもどかしいところ。

どうぞ、「イマドキの子育て住宅」と「無添加住宅のおいしい空気」を

どうぞ実感しにいらしてください。

『子どものココロ & 大人のキモチ』で考える!

イマドキ子育て住宅

を見学希望の方は、こちらをどうぞ

小池 康也

Yasunari Koike

趣味:

読書、お酒とおつまみ作り、自己啓発マニア

CONTACT US

フリーダムデザインの家づくりに興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

営業時間:9:00 - 18:00
定休日:毎週水曜日 / 第2・4火曜日 / 第1日曜日 / 祝祭日